高齢化が進む中小企業
中小企業経営者の高齢化が進む一方で、後継者の確保はますます困難になっています。 経営者の親族、または従業員への承継が一番望ましいのですが、諸所の理由で跡を継がないというケースも増えています。

友好的な事業譲渡(M&A)をおすすめします!
エフルートでは、中小企業の皆様に友好的な事業譲渡M&Aを提案します。 M&Aは「買収」というイメージが強いかもしれませんが、中小企業でも経営戦 略の一つとして数多く行われています。 M&Aは創業者利益を獲得できるばかりでなく、従業員の継続雇用、取引先との 継続取引、会社名が残るなど、経営者にとっては多くの利点があります。

 
会社名 株式会社エフルート 地図
        (クリックすると拡大表示されます)
代表取締役 林田 道生
事業内容 店舗・小規模事業・企業の第三者への譲渡と承継の仲介業務
事 業 所 〒862-0913
熊本市東区尾ノ上1-7-18 美創ビル3階
TEL : 096-234-6031   FAX : 096-234-6032

エフルートでは、高度な譲渡と承継に対しても、安全に処理できる体制を整えるため、事業譲渡と事業承継を専門に取り扱う弁護士、 司法書士、税理士の皆様と提携しております。 お客様のご要望を把握しながら、弁護士、司法書士、税理士の皆様からいただいた情報をもとに、サポートを行っております。

秘密保持、情報の取扱いについては、企業・事業の譲渡の中で最も重要なことです。 弊社と秘密保持契約を締結し、譲渡が成立するまでの間は、従業員、顧客、取引先などに知られないよう厳重な情報管理の下で行います。